産後のムダ毛処理の方法と注意点

産後のムダ毛処理

産後の女性
産後の女性の肌は、ホルモンバランスが乱れることにより外部からの刺激を受けやすい状態となります。

そのため、産後にムダ毛処理を施す場合は、毛抜きでの自己処理を行わない方が安全となります。

なぜなら、毛抜きは毛を抜く際に肌の表面も引っ張るので、肌に強い刺激を与えるからです。

その影響により、肌の表面だけでなく毛穴も傷つくので、毛穴から雑菌が入り込む形になり肌のトラブルに追われます。

また、毛抜きだけでなく脱毛テープや除毛クリームも、肌に強い刺激を与えるので、産後のムダ毛処理には適していません。

ちなみに、産後の脱毛としてサロンやクリニックに通っても、肌が敏感な状態なので脱毛効果を得にくくなります。

なぜなら、光脱毛やレーザー脱毛は毛根部分に反応して死滅するので、産後の肌には光やレーザーが殆ど反応しないからです。

さらに、肌が外部からの刺激を受けやすいので、光やレーザーが照射することで肌が乾燥して火傷になるからです。

電動シェーバーがおすすめ

産後のムダ毛処理の方法として、肌に与えるダメージを減らしつつ敏感な肌でも肌のトラブルに追われずに済むのは、電動シェーバーとなります。

電動シェーバーは、敏感肌であっても剃る前に肌を保湿することで、肌が乾燥するのを防ぎつつムダ毛を処理することが可能です。

そして、剃った後にも肌を保湿することで肌のトラブルが起こるのを防げます。

なので、産後のムダ毛処理に電動シェーバーを使い、注意点として肌の保湿を忘れずに行うことでホルモンバランスが乱れていても安全にムダ毛を処理できます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*