ワキガの原因となるアポクリン腺と光脱毛でワキガが改善される理由について

脱毛でワキガを治せる?

ワキガが気になる女性
ワキガの原因は、アポクリン腺から出る汗がワキガの臭いを引き起こすのが主な原因になります。

なぜなら、アポクリン腺が多いほどアポクリン腺から出る汗の量が増えるので、ワキガの臭いが強くなるからです。

また、アポクリン腺から出る汗は水分だけでなく脂質や糖質も含むので、粘り気が強い汗となります。

よって、エクリン汗腺から出る一般の汗に混じることで、ワキガの臭いがより増すことになります。

ちなみに、脇毛が長いと脇毛に雑菌が繁殖しやすくなるので、脇毛が生えにくくなるほどワキガに悩まされにくくなります。

よって、脇毛を自己処理する時間を確保できない場合は、脱毛施設に通って永久脱毛を施してもらうのがお勧めになります。

また、脱毛施設の中でも多くの店舗を構えるサロンは、自宅の近くにあることが多いので通いやすい脱毛施設となります。

サロンの他にクリニックも脱毛施設となりますが、クリニックの脱毛はサロンでの脱毛より脱毛効果に優れていますが、サロンより店舗数が少ないです。

なので、サロンで受けれる光脱毛はクリニックで行われるレーザー脱毛より受けやすい傾向にあります。

光脱毛で肌トラブルのリスクを減らす

光脱毛は、クリニックでのレーザー脱毛より出力の弱い脱毛器具を使用するので、レーザー脱毛より脱毛効果が低いです。

そのため、光脱毛によるワキガの改善はレーザー脱毛より効果が低いですが、肌に与える刺激を抑えることができます。

なので、光脱毛によりワキガの原因となる脇毛の毛根を破壊して脇毛を生えにくくしつつ、肌のトラブルに追われるリスクを減らすことができます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*