脱毛コラム

脱毛ワックスと家庭用脱毛器でのアンダーヘアの脱毛と注意点について

アンダーヘアの脱毛について

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアを自己処理する際は、脱毛ワックスを使って脱毛することができます。

けれども、脱毛ワックスは毛抜きと同じく毛を抜くので、毛抜きと同じように肌に負担を掛けることになります。

そのため、脱毛ワックスは肌の弱い人が使うと肌にダメージを蓄積させる恐れが高いので、肌が弱い場合は使用を控えるのが安全となります。

けれども、脱毛ワックスは毛抜きと比べて広範囲の毛を抜くことが可能なので、自己処理に割く時間が毛抜きより短くできます。

ただし、毛抜きより毛を抜く際の痛みが強いので、肌だけでなく毛穴にも大きく負担を掛けます。

また、アンダーヘアは家庭用脱毛器を使って処理することもできます。

とはいえ、家庭用脱毛器は医療用よりパワーが低く設定されていても、デリケートゾーンの脱毛には向いていません。

その影響により、家庭用脱毛器を使ってアンダーヘアを自己処理する場合は、Vゾーンに使うのがお勧めとなります。

脱毛サロンに通うのがお勧め

家庭用脱毛器は購入する手間があるという難点もありますが、購入すれば好きな時に自宅で脱毛を施せるメリットが存在します。

ちなみに、家庭用脱毛器より高い脱毛効果を得たい場合は、脱毛サロンに通ってアンダーヘアを処理してもらうのがお勧めです。

その上、脱毛サロンであればデリケートゾーンのアンダーヘアを処理することもできます。

なので、家庭用脱毛器を使っている場合でも、デリケートゾーンのアンダーヘアも処理したい際は脱毛サロンに通うのがお勧めとなります。

ワキガの原因となるアポクリン腺と光脱毛でワキガが改善される理由について

脱毛でワキガを治せる?

ワキガが気になる女性
ワキガの原因は、アポクリン腺から出る汗がワキガの臭いを引き起こすのが主な原因になります。

なぜなら、アポクリン腺が多いほどアポクリン腺から出る汗の量が増えるので、ワキガの臭いが強くなるからです。

また、アポクリン腺から出る汗は水分だけでなく脂質や糖質も含むので、粘り気が強い汗となります。

よって、エクリン汗腺から出る一般の汗に混じることで、ワキガの臭いがより増すことになります。

ちなみに、脇毛が長いと脇毛に雑菌が繁殖しやすくなるので、脇毛が生えにくくなるほどワキガに悩まされにくくなります。

よって、脇毛を自己処理する時間を確保できない場合は、脱毛施設に通って永久脱毛を施してもらうのがお勧めになります。

また、脱毛施設の中でも多くの店舗を構えるサロンは、自宅の近くにあることが多いので通いやすい脱毛施設となります。

サロンの他にクリニックも脱毛施設となりますが、クリニックの脱毛はサロンでの脱毛より脱毛効果に優れていますが、サロンより店舗数が少ないです。

なので、サロンで受けれる光脱毛はクリニックで行われるレーザー脱毛より受けやすい傾向にあります。

光脱毛で肌トラブルのリスクを減らす

光脱毛は、クリニックでのレーザー脱毛より出力の弱い脱毛器具を使用するので、レーザー脱毛より脱毛効果が低いです。

そのため、光脱毛によるワキガの改善はレーザー脱毛より効果が低いですが、肌に与える刺激を抑えることができます。

なので、光脱毛によりワキガの原因となる脇毛の毛根を破壊して脇毛を生えにくくしつつ、肌のトラブルに追われるリスクを減らすことができます。

産後のムダ毛処理の方法と注意点

産後のムダ毛処理

産後の女性
産後の女性の肌は、ホルモンバランスが乱れることにより外部からの刺激を受けやすい状態となります。

そのため、産後にムダ毛処理を施す場合は、毛抜きでの自己処理を行わない方が安全となります。

なぜなら、毛抜きは毛を抜く際に肌の表面も引っ張るので、肌に強い刺激を与えるからです。

その影響により、肌の表面だけでなく毛穴も傷つくので、毛穴から雑菌が入り込む形になり肌のトラブルに追われます。

また、毛抜きだけでなく脱毛テープや除毛クリームも、肌に強い刺激を与えるので、産後のムダ毛処理には適していません。

ちなみに、産後の脱毛としてサロンやクリニックに通っても、肌が敏感な状態なので脱毛効果を得にくくなります。

なぜなら、光脱毛やレーザー脱毛は毛根部分に反応して死滅するので、産後の肌には光やレーザーが殆ど反応しないからです。

さらに、肌が外部からの刺激を受けやすいので、光やレーザーが照射することで肌が乾燥して火傷になるからです。

電動シェーバーがおすすめ

産後のムダ毛処理の方法として、肌に与えるダメージを減らしつつ敏感な肌でも肌のトラブルに追われずに済むのは、電動シェーバーとなります。

電動シェーバーは、敏感肌であっても剃る前に肌を保湿することで、肌が乾燥するのを防ぎつつムダ毛を処理することが可能です。

そして、剃った後にも肌を保湿することで肌のトラブルが起こるのを防げます。

なので、産後のムダ毛処理に電動シェーバーを使い、注意点として肌の保湿を忘れずに行うことでホルモンバランスが乱れていても安全にムダ毛を処理できます。

脱毛サロンでの強引な勧誘から逃れる方法3選

勧誘を断る女性

脱毛サロンの広告でよく目にする「初回無料」や「ワキ脱毛2980円」などの文字って心が惹かれますよね。
しかしその広告は、実は高額なコースを契約させるための罠かもしれません。少しお試ししたかっただけなのに、気づけば高額コースを契約させられていたなどということがないように、脱毛サロンでの強引な勧誘を上手く断る方法について解説します。

時間が無いことを強調しよう!

長時間の勧誘を避けるためにも、サロンに着いたらまずはっきりと「今日は○時に約束があって時間が無いので、とりあえずキャンペーンだけを受けに来たんです」ということを伝えるようにしましょう。次の約束の時間が決まっていると、店側もそれまでに話を終わらせる必要があるため、長時間の勧誘を避けることができます。

お金が無いことを強調しよう!

サロンの店員から職業などを聞かれたら、必ず「専業主婦」「学生」「家事手伝い」などと答え、自分には収入が無いということを強調しましょう。会社員などと答えるのは毎月決まった収入があることを相手に知らせる行為であり、高額コースの勧誘を受けやすくなるため避けましょう。

自分には決定権が無いということを強調しよう!

脱毛コースの契約を勧められた場合には、「親(または夫)がお金を払うことになるので、一旦自宅に持ち帰って相談しなければならない」ということを伝え、その場で契約しないようにしましょう。脱毛サロンの契約は高額になることが多いので、キャンペーンを受けて魅力的に感じた場合であっても、その場で契約せずに一旦自宅で冷静になって考える時間を持つのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?脱毛サロンの勧誘を上手く断るには、自分に時間、お金、決定権が無いということをはっきりと伝えることが大事だということがお分りいただけたでしょうか?これらをしっかりと覚え、お得に脱毛サロンのキャンペーンを受けたうえで、ご自身にあったサロンをゆっくり見つけてくださいね。

埋没毛は絶対にほじってはダメ。

埋没毛について

埋没毛について考える女性
ムダ毛の処理の仕方は、カミソリなどいくつかありますが、太く丈夫に生えている毛を、毛抜きで抜く方も多いのではないでしょうか。

毛抜きでムダ毛処理をすると、抜いたその時はキレイなお肌ですが、実は、毛穴に負担がかかってしまっており、埋没毛の原因となってしまう場合があるのです。

毛を強引に抜いているため、そのせいで毛穴が塞がってしまいます。ですので、次に生えてくる毛が、直接表へ出ることが出来ず、皮膚の中に迷い込んでしまうのです。

埋没毛の処理方法としては、絶対にほじって出さないということです。その方が処理の方法としては簡単に見えますが、お肌を傷つけてしまっていることになり、後々シミなどの原因となってしまうことがありますので、注意が必要です。

埋没毛の正しい処理の方法

埋没毛の正しい処理の方法としては、ピーリングジェルなどを使ってあげると良いのではないでしょうか。

ピーリングジェルは、古くなった角質を優しく取り除いてくれますので、埋没毛の改善には適しているでしょう。

時計回りにクルクルと、また反時計回りにもクルクルと、円を描くように優しくマッサージしてあげると良いでしょう。

すぐには毛が表に出てこないかもしれませんが、繰り返し行い、継続し続けることが大切なこととなるでしょう。

人によっては、単なる埋没毛かもしれませんが、こうした手間を続けることで、キレイなお肌の状態を、いつまでも保てると言えるのではないでしょうか。